最新情報

犬の多頭飼いは相性も大切!仲良くなりやすい性別や性格は?

犬の多頭飼いは相性も大切!仲良くなりやすい性別や性格は?

二匹目のワンちゃんを向かいいれる時には、相性がどうなのかも気になりますよね。

今回は多頭飼いを検討している方へ、相性がいい性格や性別などの特徴をご紹介

最後に多頭飼いできる賃貸もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

相性の良い犬同士だとメリットが多い

相性の良い犬同士だと、飼い主にとってもワンちゃんにとってもメリットが多くなります。

まず留守番中も遊んで待っていられるので、寂しさも紛れます。

仕事が忙しい飼い主さんにとっても、二匹でいてくれるのは安心できますね。

さらにお互いにじゃれあうことで、ストレス発散になるにもメリットの一つ。

運動不足を解消できて、コミュニケーションを取る相手がいるのは、ワンちゃんの成長にも繋がるでしょう。

犬の多頭飼い「相性チェック」ポイント

1交流が好きな性格である

交流が好きな性格であると、多頭飼いがうまくいきやすいと言われています。

ワンちゃんも人と同じで個性があり、おっとりした子や一人が好きな子、友達といたい子など様々です。

散歩中に他の犬と関わろうとするかで、交流が好きなのかチェックできますよ。

2あまり年齢差がない

あまり年齢差がないのも、相性が良いと言えます。

理想の年齢差は「4〜5才程度」だと言われていて、ワンちゃん同士の上下関係もしっかりするでしょう。

一方、先住犬にシニアがいるときは注意が必要です。

若いワンちゃんが入ってくることで、体力が追いつかないため、疲れてしまうことも考えられます。

3オス・メスの組み合わせ

オスかメスか組み合わせも相性に影響があります。

基本的にはオスメス同士で、性別は違うほうが相性は良いでしょう。

性別が違う場合は、去勢するかどうかも決めておくことが大切です。

他にもオス同士だと縄張り意識が強く、喧嘩になりやすいかもしれません。

多頭飼いを検討している方は、性別はどうするか先住犬の様子を見ながら決めましょう。

どの子にも平等に愛情を注ぐことが大切

相性以上に大切なのは、飼い主さんからの愛情です。

どの子にも平等に愛情を注いであげることで、犬同士の関係性も良くなります

先住犬のワンちゃんも、以前と変わらない対応をしてあげることで、ヤキモチなども焼かずに安心できるでしょう。

ワンちゃんたちとの暮らしでは、幸せを感じることもたくさんありますよ。

・多頭飼いの幸せエピソード

「帰ってきた時にみんなが喜んでくれる!おかげでいつもお家に帰るのが楽しみです。」(女性30代)

「スヤスヤと2匹一緒に寝てる姿がかわいい。癒やされる時に幸せだな〜と思う。」(男性50代)

「家族同士のコミュニケーションが増えました!主人と一緒に犬の散歩をするのが日課です」(女性40代)

多頭飼いできるonko(オンコ)の賃貸

オンコでは「多頭飼い可能な賃貸」を多数ご準備しております。

ペットと暮らせる賃貸物件探しを得意としていますので、多頭飼いをする予定のお客様にもご利用いただけます。

「人もペットも、皆楽しく暮らせる社会のために」をテーマに、お客様のご希望に合った物件をお探しいたします。

WEBだけでは見つけられないペット可物件や、多頭飼いOKなペット共生シェアハウスも運営していますので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

お部屋探しに関するご相談はこちらからお問い合わせ下さい
LINEでのお問い合わせはこちら

多頭飼いは犬同士の相性を見極めよう

多頭飼いを行うなら相性や性格、去勢についても考慮していきましょう。

どんなワンちゃんと暮らすことになっても、飼い主さんの愛情があればきっと大丈夫。

多頭飼いできるお家を探している方は、ぜひオンコをご活用ください。